骨膜整体・骨膜リリース・スポーツ整体は大崎市・仙台市・登米市のひふみ整体

a:772 t:1 y:0

鴇田かおりのプロフィール

~きっかけ・道のり~

「整体院ってどんな所だろう?」

何も知らなかった私が整体を学ぶきっかけとなったのは社会人生活で経験した怪我や事故による体の痛みをどうにか治したいという思いでした。

今までも、捻挫や転んで怪我をした経験は山ほどあります。

ですが、このような怪我は日常生活などでありがちなものであり大体の怪我は時間が経過すれば痛みは薄れていきやがては忘れてしまう程のものでした。

幸いにも子供時代では大きな怪我をした経験はありませんでしたので、大人になりいつまで経っても治まらない痛みを抱えて生活する辛さや苦しみを味わうことは私の人生に大きな影響を与えることとなったのです。

今となって思い返してみると、大きな痛みが現れてくるまでに体はたくさんの危険信号を私に知らせてくれていました。その危険信号を感知していてもどのように対処すれば良いのかが分からず結局のところ「痛みを放置(いつかは治まるだろう)」・「痛みを誤魔化して生活をする」という事に繋がっていきました。

その結果…やはり痛みは改善することなく、初めは小さく弱い痛みだったものが徐々に大きく強い痛みとなって私の生活を脅かし始めたのです。

当時の私は20代でしたが、痛みのあまり歩行も困難となった際には杖の購入を考えたほどでした。出掛けた先に車椅子が置いてあると「使用してみようかな?」と考えてみる…

でも、乗った経験がないので使用して良いものか分からない→我慢して歩く…

歩くと言っても痛みで普通に歩くことができなかったので、とてもゆっくりペースでの行動です。何をするにも時間が掛ってしまい、その時間が勿体無いとも感じていました。

痛むのは歩行時だけではなく椅子に座ることや正座姿勢でも痛みがあり・寝ていても痛みが現れるなど、「楽な姿勢などあるのだろうか?」と探しても見つからないほどでした。

痛みの為に体が思うように動かせないとなると、生活は勿論ですが仕事にも大きな影響が出てきます。すると自分は会社に「迷惑をかけている」という思いと「でも働きたい・働かなければ生活にまで影響が出てくる」という現実、仕事をするためにも「体の痛みはいつ治まるのか?」・「一生このままなのか?」・「まさか病気?」と将来への不安も出てきます。

ですが病院を受診してみると病気は全く無く(ここは安心できました)、異常所見も全く見つからず「異常なし」との診断結果。

病院も何軒回ったのか…

「異常なし」という言葉は一見安心できる言葉でもありますが、原因が目に見える形では無い為「どこが悪いのか原因が分からない」「思い込みでは無いのか?」と他の人からは理解してもらえない痛みでもあるのです。

私と同じような怪我の経験をしたことのある方は理解を示してくれましたが、冷ややかな視線を感じることもありました。きっと、このような経験を体験したのは私だけではないと思います。

仕事では休職も経験しました。

休養をすることで以前ほどの痛みは薄れ、数ヵ月の休職後は体の負担の少なさそうな部署へ異動となり再び仕事をさせていただいていました。ですが、職場復帰からしばらくして交通事故にあい今度は事故の後遺症に悩まされることとなったのです。

事故となると、体の痛み・負担に加え保険会社とのやり取りもストレスになりました。

たとえストレスに感じていたとしても、必要な事柄をやり取りするので避けては通れません。私も「早く体調を戻したい・良くしたい」と通院を続けていたのですが、後遺症というものは…なかなか改善されませんでした。

事故当初に1週間ほどお休みをいただきましたが体調が改善されるには足りず、仕事の関係上長期の休暇は厳しいとのことで通院のため早退などで対応をしていただいていました。後遺症を抱えながらの仕事の辛さも、私以外にも職場には腰痛などを抱えて働いている方がいるので「自分だけが大変な訳ではない」・「頑張らないといけない」という思いも徐々に負担になってきました。

周囲の方の協力のもと私なりに仕事を頑張ってきましたが、とうとう限界を感じ2度目の休職へと至ったのです。

休職期間・事故の示談成立・その後もお世話になっている方の紹介で病院や整骨院など様々なところにお世話になりましたが、良くなっているような・いないような…なかなか症状は改善されず…紹介してくださった方やお世話になった方にも申し訳なく思う気持ちと「もう体は治らないのかな?」・「私の20代~これからの人生はどうなってしまうのかな?」と先行きに不安しか感じられない時期もありました。

ですが、不安だらけで辛い中にも痛み改善のためにアドバイス・協力をしてくださる方々、わずかでも希望を持ち続ける私の足元を照らす光となりました。

私の体調を気にかけてくださり病院や整骨院へ連れて行ってくださった方・整体院の検索に助言をいただいた方など、たくさんの方々にお世話になり又感謝しております。

「同じ所に1年も通って改善されないなら他の整体院を探した方がいい」とアドバイスをいただいていましたが、自分でもそうした方が良いと思っていながらも整体院にお世話になった経験は無かった(紹介を除く)為に「どうやって見つけたらいいのか?」・「整体には相性というものがあると聞いたことがあるけれど相性って何だろう?」などと考えてしまい…二の足を踏んでいたのです。

当時はインターネット初心者で、検索するにも分からないことが多々ありました。アドバイスをいただきながら数件の整体院をピックアップし「まず始めにどこの整体院にお世話になるか」と各整体院の印刷したホームページ内容とにらめっこしていました。

「まず始めに~」というのは、整体院経験者の方からよく「整体は相性があるから色々なところを回ってみないと何処のお店が自分に合っているのか分からないよ」とお話を聞く機会が多かった為、幾つになるかも分からない整体院巡りを覚悟しないといけないと思っていたからです。

次は「自分に合った」整体院探しの旅が始まるのか…と行きつけのお店がない為、これから始まる途方もない旅に漠然とした不安が立ちはだかりました。

そもそも「整体院との相性」をどこで判断するのかさえ分かっていませんでした。(通ってみて良くなったか・ならなかったかで判断をすれば良いのかな?)

自分でインターネット検索した中から1番最初にお世話になろうと予約の電話を入れさせていただいたのは、現在もお世話になっている「ひふみ健康院」です。

「現在も~」ということは、長くなると思われた私の整体院探しの旅は(私がピックアップしたお店の中では)最初のお店で終了したのです。

「こんなにあっさり見つかって良いのか?」と驚き&拍子抜けするような整体院との出会いでした。

勿論「あっさり見つかる」というのも、これまでの様々な所への通院経験を経ての「経験」があったからこそだと思います。

初めて初診の予約を入れさせていただいた時は物凄く緊張しましたが、実際に整体院へ訪れ「ひふみ健康院」院長である加藤先生の問診・説明・施術など的確かつ丁寧&誠実な印象を受けたことを今でも思い出せます。

施術内容も「痛み」を出しての「認識」と「変化」&「やわらかい」施術で「感覚」を味わい「変化」も感じる~など一言では語りつくせませんが、私がこれまで受けてきた施術方法とは全く違い新鮮なものでした。

施術中もさりげなく・分かりやすく「痛みが現れてくるまでには色々な所に負担がかかってきていること」や、時には骨格標本を用いて「体の構造」について説明し患者さんに伝えてくださることで勉強にもつながります。

ただ痛みを改善するだけではなく「体の良い癖づけ」(整えた体の癖づけ)の大切さ、痛みが改善するまでの道のり(過程)も伝えてくださるので、どれくらい通えば良いのかの目安にもなります。

そして私の体の痛みも落ち着いて来た頃、子供時代に整体(当時は整体を知らなかったのでマッサージのような認識だったと思います)興味を持っていたことを思い出し、勉強への意欲も湧いてきて加藤先生に相談をさせていただいているうちに加藤先生が主催されている「整体師養成コース」を受講させていただく経緯へとつながっていきました。

現在、加藤先生のもとで学ばせていただき・たくさんの先生方とも出会わせていただき「発見♪」な日々です。そして加藤先生より影響を受けて夜間の学校へも進学しました。正直なところ、大人なってから再び学校へ行くという「前向きな選択・行動」を起こせたことに自分でも驚いています。

不安だらけだった日々は、「ひふみ健康院」加藤先生との出会いにより希望の日々へと変化しました。

整体との相性というのも「変化の有無」・「好き・嫌い」・「合う・合わない」だけではないこと、「説明と理解」・「感謝の気持ちを持てるか」・「判断の見極め・的確性」・「向上心(学ぶ)」など色々な意味も含まれているのかなとも思いました。

その中には勿論「御縁」も含まれています。

そして6月より「ひふみ健康院」のお店を時間帯でお借りして、私も「いろは整体院」の整体師としてデビューさせていただく運びとなりました。

出会いを大切に、知識面・技術面ともに努力していきたいと思いますのでどうぞ宜しくお願い致します。

powered by Quick Homepage Maker 4.25
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM