骨膜整体・骨膜リリース・スポーツ整体は大崎市・仙台市・登米市のひふみ整体

骨膜整体・骨膜リリース整体は大崎市・仙台市・登米市の腰痛専科ひふみ整体

坐骨神経痛

整体で腰痛・坐骨神経痛なら大崎市仙台のひふみ整体院(腰痛仙台)

「腰痛専科」ならではの          慢性腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛 の「克服整体」がここにはあります!

a:10705 t:2 y:7

以下は、当院でよく聞かれる実際の患者さんの声です。

  • 「はじめは腰が痛かったのに・・・」
    「今は、腰は痛くないけど、足先までシビレています・・・。」


  • 「痛みだけでなく、さらにシビレも混じってきたような・・?」


  • 「痛みがひどくて、夜も横になって寝れないんです・・・」
    「座ってウトウトしてます(泣)」


  • 「鎮痛剤・筋弛緩剤を飲んでも、効いてる感じがしない・・」
    「ブロック注射してもダメだったし・・・・。」
    「手術が必要?この先、どうなるの私・・・。」


  • 「椎間板ヘルニアで手術をしましたが・・・」
    「痛みは取れたけど足先までシビレが出てきました・・・。」
    「手術をしたのに・・・。(泣)」


  • 「寝ているときに足がツッテ痛くて目が覚めます・・・

以上のように坐骨神経症状はヒトそれぞれ。

この他にも

  • 平らな所でもつまずきやすい。階段で足が上がりづらい
  • 足のすねがスースーする「冷え感」
  • 足の感覚が鈍くなってきた、足を感じない。
  • 触ると違和感、変な感じがする
  • 足の裏に何か張り付いてる感じ

などなど、様々な症状が現れます。

一般的に、坐骨神経痛といわれ、

「痛み」

だけがクローズアップされますが、


感じ方や感じる部位はひとそれぞれ。


この「それぞれ」を「~症状」と表現するんですね。


ですからお尻から足先に掛けての様々な症状を、


「坐骨神経症状」


というんですね。


このように皆さん感じ方や自覚症状は異なります。


また、


慢性重症腰痛・坐骨神経痛の治癒・改善過程では
人それぞれ痛み・症状が変化・移動します。


あなたはこの姿勢できますか?(あぐら・長座すわり)

画像の説明 画像の説明 画像の説明

坐骨神経痛だった方々の写真

坐骨神経痛(症状)がある方は

  • 「あぐら」の姿勢や
  • 「足を前に出す座り方(長坐すわり)


    が出来にくくなります。


    実際に腰痛や坐骨神経痛で悩まれている方々は
    納得されると思いますが、いかがでしょう?


    キレイに


    「腰周り・骨盤の歪み」


    を整えると、上の写真のように


    「あぐら」や「長坐すわり」


    が楽々できるようになるようです。


    それに伴い、


    日常生活も不自由しなくなるようです。


    逆に言えば・・・


    「あぐら」や「長座すわり」が楽々出来なければ
    その慢性腰痛や坐骨神経痛は改善しないということです!

画像の説明画像の説明画像の説明

背中の歪みもよく見られます。

画像の説明

左の写真は大学病院にて椎間板ヘルニアと診断された男子学生君。

激しい股関節の痛みと、お尻から膝に掛けての痛み、頭痛と耳鳴り、集中力の欠如などの訴えがありました。

大学受験を控え、座っているだけでもツラク、受験勉強が痛みの為にはかどらず、精神的にもダウンしていました。

お辞儀の姿勢で背中の写真を撮ると、左右で背中の高さが違うことがわかると思います。また、下ろした左右の手の先がバラバラなのもわかると思います。骨盤から背骨の歪みもでて身体が捻れてるんですね~。


当院の6~7割が長年のツライ慢性腰痛それも、       坐骨神経症状を伴う腰痛の方が来院されています。

整形外科を受診され画像診断では


「異常なし」


と言われ・・・

電気・牽引などの物理療法、接骨院で電気と湿布とマッサージ。


それでも改善せず・・・
今度はボキボキ整体でさらにシビレが増加した・・・(泣)。


あらゆる方法を試したが改善するどころか、
以前よりもヒドイ状態になって来院される方もいらっしゃいます。

いったい今迄、どれだけのお金と時間を注ぎ込んだのか・・・



また、夜も眠れないほどのヒドイ腰の痛みで


「手術」


を試みてみたもののとりあえずは、
痛みは治まったけれど、気が付けば


お尻~足に掛けてのシビレや変な感じが出てきました。


お医者さんには


「痛みは取れるけど、しびれは仕方ないよ」

「しびれくらい我慢できるでしょ、生活できるでしょ」

「しびれはなかなか取れないんだよね~仲良くやろうよ」

「もう1回手術しましょうか?」(すでに2回目・・・)


と言われた方も実際にいらっしゃいます。


そうは言われても、なかなか、受け入れがたいですよね。


しびれを経験した人にしか、
本当の大変さやツラサは理解できないのでしょう。

腰痛・坐骨神経痛の整体療法 BEFOR~AFTER

      整体前       ⇒       整体後

画像の説明
画像の説明

側わん症と重症腰痛・坐骨神経痛の男性。

左が整体前で右が整体後です。

※もちろん、一回で改善したわけでなく
複数回通院していただきました。

ご本人の努力が結実されました。

よかったですね。




画像の説明画像の説明画像の説明

脊椎すべり症で腰痛・右坐骨神経痛とふくらはぎの痛みに悩まされ続けていた高校生

脊椎すべり・分離症の方々は後に反り返る動作が苦手の傾向がみられます。

この高校生は、さらに坐骨神経症状もあり、複雑な痛みの出方がありました。

現在は元気に学校の部活(バスケットボール)で活躍しているようです。



でも、確かに


しびれの改善は時間も掛かるし、大変な作業になります。


長年の積み重ねが現在の症状になっているとするならば、
そう簡単には改善しないのはご理解いただけると思います。


でも、


時間が掛かっても、大変な作業でも
今より快適に日常生活を過ごすことが出来るようになることを
望んでいらっしゃる方がほとんどです。


仕事が普通に出来て、普通に家族とドライブに行って、旅行に行って、
普通に散歩したり軽い運動が出来る生活。


当たり前に、みんながしている日常生活がどれだけありがたいか、
健康を失ってはじめてわかりますよね。


「今までしてきたことと、別の方法で試してみたい!」

「あきらめて、受け入れるのは、いまだに納得いかない!」

という方が当院にはご来院いただいています。



椎間板ヘルニアと右足のシビレで休職しました。

画像の説明

ひふみ整体にお世話になり既に4年経ちました。
もともと、古川に住んでいる姉が整体に通っていてその紹介で仙台から整体を受けに新幹線で古川まで通うという生活が始まりました。私は仙台の卸問屋の倉庫で働いていましたが、長年の腰痛が悪化し足にまでしびれと痛みがでてきてしまい。立っていることも横になることも出来ないくらいの酷さでした。こんな状態でひふみ整体さんに行き姉の紹介ということもあり集中的に整体をしてもらいました。初日の整体後に姉から、背中伸びてきたんじゃないの。といわれ自分でも歩く感じや立つ感じが変わってきたのを実感できました。そして驚いたのはあれだけ横になれなかったのが、その晩は横になれた!という事実に感動しました。通うほどに改善が実感できたこともありお陰様で仕事にも復帰することが出来ました。現在も月に一回は仙台より集中治療でお邪魔させていただいています。これからも宜しくお願いします。


夫婦でお世話になっています

画像の説明

いつもひふみ先生にはお世話になっています。きっかけは旦那の腰痛でした。接客業での立ち仕事からか(ストレスからかな~?)背中の痛みと腰の痛みそれにプラスして首の痛みから頭痛までと散々な状態になってしまいました。地元盛岡で整形外科や近所の接骨院にも通っていたのですが、年とともに痛い箇所が増えてくるので「このままじゃ治らないんじゃないの?」ということを話しているときにインターネットでひふみさんを見つけました。宮城は旦那の実家ということもあり帰省の折に初来院させていただきました。首や背中が痛いといっているのに、足首をいじっている先生をみて、正直、「はずれだな~」と思いましたが、受けている旦那が「首が動くぞ」「呼吸も楽だ~」と言っているので何が起こっているのかしばらく理解が出来ませんでした。でも、徐々に理解ができてくると「感動」に変わりました!こんなことってあるんだ~という不思議体験したさに私も速攻予約を入れて帰りました。それが始まりでいまでは私達夫婦にはかけがえのない場所になっています。先生その節は大変お世話になりました。そして、これからも、帰省の際にはメンテナンスに通わせて頂きます。いつもありがとうございます。


大好きな先生

画像の説明

昨年の冬に神奈川から古川への引越しがあり、整体師1年生の私は、いろんな整体院を、渡り歩いていました。<勉強の為>
そして、ひふみ健康院に訪れてみました。加藤先生の施術には、衝撃的でした。(自己治癒力を高める)サポートをしてくれると言うのでしょうか...具合が悪くて来た私は、暗い顔をし、声のトーンもさがった様な状態なのですが、帰りには、すっかり顔色も良くなり、ウキウキで帰る程になります。痛いところだけに目を向けず、全体のバランスを見て施術して下さる先生の、おかげだと思ってます。
まだまだ先生の足元にも及びませんが、加藤先生を目指して私もがんばります。
患者さん想いの、加藤先生に、いつも感謝してます。

ひまわり整体院 代表 秋村真弓


ひふみ整体の腰痛整体の特徴(整体仙台)



当院では特に器具を用いるわけでもありませんし、
医療機関ではありませんのでもちろん、
診断、治療するわけでもありません。


ただ、身体の運動法則に従って、

様々な「軽い動作」をしていただくだけです。

あなたが今まで大変だった


「痛み」「しびれ」


と向き合っていただき
そこから何かを見つけるお手伝いをさせていただいています。


こんな感じなので、ご来院を考えている方、あまり、



「治してもらおう」「痛み・シビレを取ってもらおう」


「~してもらおう」


などと期待なさらないでください。


というよりも


当院ではあえて治そうとはしません。


当院の腰痛整体は


あなたの自分自身で治す力を

引き出すお手伝いをするだけです。


世間には


「治してくれる」


整体院・治療院は他にたくさんあると思います。


いろんな所を整体院・治療院を試されて、

最終的に選ばれる整体院でありたい


と当院では考えています。


また、何処に行っても改善しなかった

重症腰痛・坐骨神経痛対応の整体院としての

使命感をもっています。

腰痛・坐骨神経症状の方の足部の特徴的なゆがみの例 (その1)

CASE:1

       整体前         ⇒         整体後

画像の説明
画像の説明

うつ伏せの姿勢で両膝を軽く曲げると、

  • 左右の足のでバラつきが目立つ人
  • やかかとがお尻に付かない人、
  • 片側の足のかかとはお尻に近いのに反対は離れている人

などは腰に何らかの異常があるケースが多いようです。

また、両かかとをお尻にグーッと曲げると腰に痛みが出たり、
モモ(大腿)の前側が異常に突っ張るという人も多く見られます。

整体することにより、その両足のバラつきが取れて、背骨を中心として
左右対称的にキレイに整うと腰周りの不快症状が改善されやすいようです。

CASE:2

       整体前         ⇒         整体後

画像の説明
画像の説明

左の写真も左右の足のバラつきが目立ちますよね。

この方も長年の腰痛と坐骨神経症状に悩まされてきた方です。

お辞儀の姿勢(前かがみ)や立ち座りの動作、同じ姿勢(寝る・座る・立つ)でいることができないというのが主訴でした。

整形外科では椎間板ヘルニアで二ヶ所に出ているという診断を受けたようです。

CASE:3

       整体前         ⇒         整体後

画像の説明
画像の説明

左の写真は農家を営む男性です。

やはり、左右の足のバラつきが顕著で片側は写真から飛び出しています。

初診時の主訴は、ふくらはぎから足先に掛けての痛みと背中の激痛でした。


経過として、足の症状が軽減するにしたがい、腰痛が出現してきて、
それと同時に背中の痛みが消失。

最後には腰痛だけが残り、
腰痛もフェードアウトするように消えていきました。

※腰痛が陰に隠れていたんですね~。


腰痛・坐骨神経症状の方の特徴的な足部のゆがみの例 (その2)

画像の説明画像の説明画像の説明
仰向けに寝てみて、左右のつま先がバラバラになっていませんか?

腰が痛い人、足先までシビレ・痛みがある人、股関節の調子が悪い人などはこのバラつきが顕著に観察されます。(腰から下だけの症状にみられるのではなく、慢性頭痛、慢性肩こり、耳鳴り、めまいなど上半身の症状方にも診られます)

このバラつきを改善しないことには、根本的に痛み・シビレから開放されないかもしれません。というのも足は身体の土台部分ですからね。

さて、あなたのつま先はいかがでしょうか?

CASE:1

       整体前         ⇒         整体後

画像の説明
画像の説明

両足のかかとが痛くて30分も歩くことができなくなり、階段の昇り降りも痛いためここ半年は自宅の二階部分には昇らなかったという女性。

左右のつま先全体が傾いているのがわかりますよね。

整体後はキレイに揃いました。

CASE:2

       整体前         ⇒         整体後

画像の説明
画像の説明

主訴は右足の違和感でした。慣れている人はすぐにわかりますが、右側の足先が左に比べ外側に向いています。(左が内側に向いているとも言える)
わずかな左右差でも本人にとっては大きな違いとして右足の違和感として感じられるんですね。

この状態で病院を受診しても、画像診断では異常がないためしばらく様子を見ましょうとアドバイスされることが多いようです。

※つま先の向きが左右でバラバラ
このような方はからだの土台部分の
股関節や腰部が歪んでるんですね


ほんとにあった笑えない話

以前、足にシビレがあり寝起きも苦痛で大変!

という症状で来院された女性の方がいらっいました。


お話を伺うと

先天性股関節脱臼の既往

があり、
当院に来る前に別のカイロプラクティックの店に
何回か行ったという事でした。


そこのカイロの人にも先天性股関節脱臼のことを伝えたにも関わらず


「足がしびれているから腰が原因だ」


という説明?を受けて、
無理に腰への矯正?を繰り返して、
逆にその場で立てなくなったという方も来院されました。


もしかしたら、時には、矯正で改善される方もいるのでしょう。


でも、盲目的な矯正信仰は危険ですよね。

さらに、
問診の段階で以前の既往を聞きながらも
自分の手技を押し通すということも乱暴ですよね。


受ける側として、大事なのは、
整体院や整骨院に行く前に必ず整形外科で


「画像診断」


等を受けてメディカル(医学的)な見地から
判断することだと思います。


まずはお近くの整形外科への受診をこころがけてください。


画像診断で明らかに、腰骨の変形や関節変形、圧迫骨折がある場合は
適切な外科的処置が必要だと思われます。


そのような意味で、当院では来院される前に、
整形外科を受診することを推奨しています。

整形外科に受診したけど異常がないんですが?

「画像診断(レントゲンやMRI)で異常は無いけど」

「自覚症状として痛みやシビレがあるんです。」

という方は整体院などでの

全身のバランスを整える方法

は有効ともいえます。

おそらくは、
受診された整形外科にてリハビリという名の元に
電気治療や温熱治療、牽引治療などの
物理療法がオーダーされると思います。

お薬は

  • 痛み止め(鎮痛剤)
  • 筋肉を柔らかくするお薬(筋弛緩剤)
  • 胃薬

の3種類が処方されるのが多いと思います。
プラス湿布薬も。

それでも、「痛み」「シビレ」が軽減しない場合は、
筋肉への血流を促進・改善する目的で注射などされ、

さらに、それでも改善しない時は

ブロック注射

とすすむようです。


ブロック注射も短期間に乱発できないので、
2・3回しても効果が見られない場合は

「さて、どうしよう?」


ということになります。

ここから、

整体院・治療院探し


が始まります。

どこの整体院・治療院に行くか本当にみなさん迷われるようです。

☆「根本的腰痛・坐骨神経痛改善」のページへ>

powered by Quick Homepage Maker 4.25
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional