スポーツ整体・三軸操体・整体なら大崎市・仙台市・登米市の腰痛整体ひふみ整体。腰痛・先天性股関節脱臼・坐骨神経痛・頭痛・顎関節症のひふみ整体。

整体は大崎市・仙台市・登米市の繁盛整体院の腰痛専科ひふみ整体へ。整体で腰痛・先天性股関節脱臼・坐骨神経痛は大崎市の仙台ひふみ整体院へ

腰痛

整体は大崎市仙台・登米市・石巻市・塩釜市・栗原市で腰痛坐骨神経痛・ヘルニア整体・ならひふみ整体院

整体は腰痛・坐骨神経痛・椎間板ヘルニアの大崎市仙台のひふみ整体

慢性腰痛・足のしびれと整体 (腰痛仙台)

長年の慢性腰痛・坐骨神経痛でお困りの方、

今後のあなたの腰痛治療のヒントになるかも?。

特に、いままでに、いろんな整体法・治療法を受けても

一向に改善されなかった方などは是非ご覧下さい。



ある統計によれば、人間はその生涯のうちに、
腰痛を経験する人の割合は、
実に80%といわれています。


あまりに多くの人が経験するために、

簡単に「腰痛」といわれますが、
その原因や症状の重さは様々です。


ここではあらためて腰痛について書いてみました。

a:3728 t:1 y:2

腰はカラダの要(かなめ=中心)

腰は身体のほぼ中心に位置しているといえますので、
この中心部分に

  • 疲れの蓄積
  • 骨盤の歪み(ゆがみ)


が生じると、


この歪みが筋肉・関節を伝わり

全身にその疲れや歪みが拡がってしまいます。


腰からのゆがみが肩や首に影響すると、
慢性の肩こりや片頭痛、腕のシビレなど
二次的な症状が出てくるようです。


いわゆる腰痛症とは?なんだろう?

腰痛の中で、もっとも多いのが


「腰痛症」


でいわゆる長年にわたる


「慢性腰痛」


といえます。


これは腰痛人口の半分以上を占めています。


腰痛症という病名を整形外科でいただいた方は、
椎間板ヘルニアとか脊椎分離症などと比べて、
レントゲンなど画像診断では明確にハッキリとしません。


ですから、病院で

  • 「年だから、しかたない」
  • 「太っているから・・・痩せないさい」
  • 「生まれつき腰痛になり易い構造です」
  • 「「骨の形状が一般的よりおかしい」


    など、納得できるようで出来ない、
    押さえ込まれたような説明?
    を受けてもやっぱり・・・、納得できず、最終的に多くの方は
    民間療法のお店を訪ねられるようです。


    ※これは整形外科の三種の神器(当院でよく使います)で

  • 若い人には「産まれつき」
  • 太っている人には「やせなさい」
  • 年配の方には「年だから・・」



といわれる傾向があるということ。



そして、レントゲンでは異常がなくても

  • 「常に腰が重い」
  • 「寝ていてもツライ」
  • 「ジッとしているだけで苦しい」
  • 「事務仕事で座ってられない」
  • 「前かがみになれない」
  • 「立ち座りすると痛い」
  • 「朝、布団からすぐに起き上がれない」
  • 「台所仕事がツライ」
  • 「掃除機がけがツライ」
  • 「靴下を履く時痛い」


    などなど、様々な日常生活動作において、
    ご本人は明らかな不快な感覚を持っています。


    この、レントゲンなど画像診断では異常なしでも

「ツライ自覚症状」


が確かにある!

このような病院では原因不明の腰の痛みが

「腰痛症」

の大きな特徴になっています。



ちなみに、病名において

「~症」

「~症候群」

とつく時は原因がハッキリわからない場合が多いのです。

「~症」「~症候群」は別名

「病気のゴミ箱」

とも呼ばれています。



ではなぜ、原因不明として扱われてしまうのでしょうか。


ようは

「腰部分の痛み」


つまり

「一部分だけ」

をみているので、
根本原因がつかめないのではないでしょうか?

また、足部の歪み(ねじれ)が、

足首⇒膝⇒骨盤⇒腰




歪み(ねじれ)の連鎖

として、腰痛を引き起こしている場合もありますし、
交通事故によるムチウチ症による首周囲の筋肉バランスの歪みが、
背中の歪みになり、ついには腰まで歪みが拡がり、
腰の痛みとなって出現している場合もあります。

この

「腰を中心とした全身の歪み」


をトータル的に観察できる技術があれば、
高価な検査機器を用いなくても、
適切な施術へと結びつける事ができるようになります。

この腰痛の因果関係を無視して、
腰に痛み止めの注射や電気、湿布、牽引などの

対処的治療・対処療法


を行っていてはいつまでも改善する見込みは無いのです。

一時的楽になった様でも
根本的に改善するのは難しいのではないでしょうか。



少なくとも腰痛では


「~症」


などと原因がわからないようでは
適切な施術は不可能でしょう。


つまり、

腰が痛くても、原因は腰にあるのではなく

全身の骨格の歪みが、結果的に腰の歪みを作り出し、

結果的に腰痛という自覚症状が現れている


という事を考えなければいけないのではないでしょうか。


腰痛の原因は様々だが結局は歪みである!?

いわゆる腰痛の原因は何なんでしょうか?

ズバリ、それはヒトそれぞれ異なると言わざるとえません。


  • 仕事が肉体労働か、座る姿勢が多い事務職か等の職業の違いであったり、
  • 交通事故でのムチウチ症が原因であったり、
  • 偏平足・足首の捻挫クセ、膝関節の痛み、女性の横座り、足を組むクセ
  • 先天的な股関節の障害などの下半身の影響

などなど、
さまざまな要因が腰痛の原因になっている場合も
多々見受けられます。

打撲(打ち身)など直接的な衝撃が腰に加わった場合は、
これが直接原因となりますが

それ以外の腰痛(椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、慢性腰痛症等)は、
腰以外からの原因がほとんど占めると、
施術を通じて私は感じています。



繰り返しになりますが・・・

職業別や先に挙げた下半身の怪我、変形、ムチウチ等の交通事故後遺症、
日常生活における体のクセ(利き手・利き足・座り方・重心のかけ方)など、
同じ姿勢、片寄った動きを繰り返す事で、身体の筋肉バランスの左右差が生じます

実際は前後、左右、上下ねじれの複合立体的な歪みを生じます)

この

左右差が身体の歪みとなり、

身体の中心部分である「腰部」において

ネジレを生じることになり、

結果として腰痛という「痛み」が生じてきます。

ちょっと難しいですね。

つまり、それぞれの原因を無視して、
ただ単に腰の痛みをマッサージ・湿布や電気で一時的にごまかしても、

根本原因である、身体の歪みを改善しなければ、

いわゆる「再発」を繰り返す事になるのです。


歪みの一例として・・・


  • 一見左右の手足の長さが異なった様に見える偽長短縮、
  • まっすぐ立っているつもりでも左右に身体が傾いている、
  • 写真を撮るといつも首が同じ方向に捻れている、
  • 左右の肩の高さに違いがある、



など様々な見た目の姿勢の変化として現れます。


ゆがみが改善しても                    治らない腰痛もあります。(心因性腰痛)

これまで
ゆがみと腰痛の関連性を強調して
書き進めてきました。


しかし、時々ですが

ゆがみを改善しても腰痛の痛みが改善しない

ケースがあることもお伝えしたいと思います。


改善しづらい腰痛患者さん共通していることは



なんらかのストレスを抱えている



ということです。

多いケースとしては


家族間の問題

会社・学校・部活での人間関係

自分自身への卑下・自分が嫌い



などを潜在的な理由とすることが多いようです。


実際の例では


旦那さんが趣味・仕事に没頭してばかりで
自分に優しくしてくれなくて
腰痛や頭痛などで苦しんでいる自分を見せて
やさしくしてもらいたいと相手にアピールしているケース

これらは


悲しさ・さびしさからの腰痛



また、


子供や親、姑にたいして常にイライラし
時に激怒すると、
その場で動けなくなるほどの腰痛になるケース


これは


怒りからの腰痛



そして、もうひとつの例は


会社や学校・部活などの人間関係や
仕事・勉強・練習のきつさから逃げだしたいとい
気持ちからの


逃避からの腰痛



などです。


このストレスからの腰痛の最大の問題点は


本人自身がそのストレスに気が付いていない



ということです。


自分はがんばっているつもりでも

からだが拒否しているということに

気が付いていないんですね。



または


気が付いていても

気が付いていない振りもしたりします。



身体の問題・骨盤の問題にすり替えて

自分の気持ちを直視したくないんんですね。

ストレスからの腰痛

  • 悲しさ・さびしさからの腰痛
  • 怒りからの腰痛
  • 逃避からの腰痛



これらの
本人も気が付いていない
潜在的な深層心理から影響を受けている
腰痛のことを


心因性の腰痛



といいます。


この心因性の腰痛は最近になって
やっと社会認知されてきました。
先日もNHKの「ためしてガッテン!」
で取り上げられてその反響はすごかったようです。
この番組の中年女性のケースでも

長年腰痛の原因が旦那さんへの寂しさからの腰痛でした。
解決策としては旦那さんにもこのことを主治医からはなし
旦那さんの理解のもと、夫婦の時間を取り戻すとともに
長年の腰痛が改善したというケースでした



これらの

心因性腰痛



や精神的なことから生じる痛みにに関しては
HP内で特設ページを設けていますので
そちらもご覧ください。


クリック⇒心因性腰痛のホントのところ


慢性肩こり・ツライ偏頭痛の原因が腰なんですか?

非常に多いケースでは、

長年肩こり偏頭痛がひどくて来院される女性の身体の

「ゆがみ」



を診てみると、

もちろん、
自覚症状がひどい首回りや肩周辺の歪みがあるのですが、
それ以上に

腰周り、骨盤、股関節の歪み


がひどくなっているケースが多いようです。

しかも、このような状態でも腰の方は痛くも痒くもなく、

肩こり偏頭痛がひどいんです、腰は何ともありません!」

と訴える人が非常に多いのです。



仮にこの様なケースでは、
腰や骨盤周囲の歪みを改善しないまま、
肩回りや首筋を一生懸命

「揉んで」

「さすって」

「叩いて」

「電気を流して」

最後に

「ボキボキと矯正?」

しても身体の中心部の腰周りの歪みを改善しなくては、
次の日には元の肩こり偏頭痛が戻ってきてしまうのです!

このページをご覧になっているあなたも経験済みではないでしょうか?



身体は部分部分でバラバラに存在しているのではなく、

それぞれ筋肉、関節でつながっている、連結している

という解剖生理学的事実を無視してはいけないのです。

つまり、

土台(腰)が歪めば、その上にあるもの(肩・首)も歪むのです。

例えば、家を建てるとき、基礎工事がしっかりしておらず、土台がグラグラではその上にある生活スペースもグラグラになる理由と一緒です。

基礎がしっかりしていない家をいくら表面だけリフォームしても、
すぐにひび割れが起きてしまうのです。



「腰」という人体における土台部分を正さないで、

自覚症状のある肩や首周辺を


マッサージや電気・湿布


などでいくらリフォームしてもダメなんです!

つまり、

行き当たりばったりの対処療法ではダメなんです!


やっぱり腰を調整するのは大事です。

この様に、自分が感じる、肩や首の

「痛さ」や「つらさ」

の症状は、実は

腰の歪みが原因となっていることが多いのです。


さらに言えば
重症の慢性肩こり・痛み止めが効かない偏頭痛の患者さんで、

腰周りのゆがみ


のない人は今迄みたことがないともいえます。

皆無といえるのです。
(注:交通事故でのむち打ち症や顎関節症などは除く)

さらに、

腰周りの歪みを正さないで、
肩こり偏頭痛が根本的に改善したケースも
ほとんど無いといえます。


マッサージ後に一時的に良くなった様でも、
次の日には元に戻っている、

という方は

今まで受けた治療?



「マッサージ通い」

を一度振り返ってみてはいかがでしょうか?


私が施術を行う際には、

前の左右の手足の長さの違い・骨盤のネジレなど写真で撮影し、
施術により、その左右さがどのように変化(改善)したのかを、
施術後に再度撮影します。

これにより患者さんに歪みの改善度合いの説明とご理解に利用しています。

(希望者に限り行っています。)

長い文章を、最後まで読んでいただき有難うございました。

大崎市の腰痛専科ひふみ健康整体院 理学療法士 加藤廣直






       <前のページへ  |  ひふみ健康院TOPページへ>

powered by Quick Homepage Maker 4.25
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional