腰痛、肩凝り、頭痛の整体。筋膜・骨膜リリース・スポーツ整体は大崎市・仙台市・登米市のひふみ整体

筋膜・骨膜整体・骨膜リリース整体は大崎市・栗原市・登米市の腰痛専科ひふみ整体

不妊整体なら実績NO1の大崎市・登米市・栗原市・仙台市のひふみ整体院

不妊症と整体療法・骨盤矯正(整体大崎市仙台)

a:4312 t:3 y:2

最近ではレディースクリニックの先生も

「整体で骨盤周りを整えるのもいいかもね」

とアドバイスされるようです。

当院に起こしになる不妊症に悩まれる女性は

多くの方が既にクリニックにて不妊治療を体験され
主治医の先生から上記のように整体での骨盤矯正を勧められて
インターネットなどで検索をして当院を見つけられる

というケースが多いようです。

骨盤のゆがみを改善し、骨盤内環境を整える!

不妊症の克服には、
赤ちゃんが授かりやすい体づくりをすることが大切です。

当院では、整体の施術を受けて
通院期間中に妊娠された方が何名もいらっしゃいます。



なかには、腰痛や肩こりの症状を改善目的で通院していたのですが、
整体を受けて体調が良くなり、
結果的に妊娠の報告をいただくということがあります。



なかには不妊症で悩んでいたり、
レディース・クリニックで不妊治療を受けていた方もいらっしゃいました。



元々は不妊の克服を目的とした整体ではありませんでしたが、
身体の歪みを解消し、ゆがみ体質改善のための
自宅セルフケアを実践してもらった結果、
赤ちゃんが授かりやすい子宝体質に変化したものと考えられます。



実際不妊でお悩みの方は多いようです。

すでにご存知のことと思いますが
不妊症とは医学的には、

「定期的な性生活を送り、とくに避妊などをしていないのに、2年以上妊娠しない場合」

を不妊症と定義しているようです。[家庭の医学から引用]


不妊症の原因ってなんだろう?

不妊症の原因は様々です。

女性だけでなく男性に問題がある場合もあります。

また医学的に異常が見つからないのに
不妊であるケースもあります。

そのような不妊パターンを


「機能性不妊症」


と言います。


機能性不妊症の場合は、体質を改善することで
妊娠しやすい体になることが可能と考えています。

整体と生活改善アドバイスを通じて
妊娠しやすい体質づくりのお手伝いを行なっています。

不妊体質と整体・骨盤矯正

不妊でお悩みの方に共通する一つの特徴は・・・

  • 骨盤に歪みがある
  • 骨盤まわりの関節の動きが悪い
  • 手足の冷え・お腹の冷え(隠れ冷え性)

があることです。

骨盤を支える筋肉群が固くなっているために、
骨盤の動きも悪く、骨盤内臓器の働きも低下します。

このような人は
生理痛や腰痛、便秘などの症状を抱えている人が多いです。

さらに骨盤が歪んでいると、
その上に載っている脊柱(背骨)が歪みます。

脊柱が歪むと自律神経の働きも低下します。

脳と神経の信号の伝達システムがうまく働きにくくなるのです。

ですから、骨盤が歪んでいると、

  • 背中のコリ、
  • 首コリ、
  • 頭痛、
  • めまい、
  • むくみ

などの症状も出やすいです。

病気とまではいかないけれど、
なんとなくだるい、調子が悪いという
不定愁訴や自律神経失調症などになったりします。

そのような体の状態で妊娠することは
母体にとって大きな負担となり危険なことでもあります。

ですから妊娠そのものを目指すことも大切ですが、
妊娠しても大丈夫な体づくりをしていくことが大切といえるでしょう。

骨盤の歪みを取りのぞき、柔軟でしなやかな筋肉をとり戻します。

全身と骨盤内の血流が改善し、
母体の健康状態が改善すると
妊娠の確率もアップすることでしょう。

不妊体質改善と操体法無痛バランス整体

当院では、操体法施術と無痛バランス整体
それらに、自宅で出来る操体法・バランス形成体操
の指導を行ないます。

操体法無痛バランス整体は妊娠中の人でも
安全にできる無理がなく、自然で優しい身体調整法です。

当院では健康な母体を作るために、
操体法無痛バランス整体は有効な方法と考えています。

操体法を行うことで骨盤も母体にとって
ちょうどよいポジション、ちょうどよい加減に調整されます。

何度か通院しているうちに自分で骨盤矯正する方法が、
体でわかるようになります。

操体法の施術は体との対話でもあります。
あなた自身があなたの体と対話をするお手伝いをします。
慣れると自分ひとりでもできるようになります。

不妊体質と冷え症体質はお友達

不妊でお悩みの方に共通しているもう一つの特徴は、
先にも書きましたが

「冷え性」

であるということです。

寒いときに手がかじかんで
うまく字が書けなかったりした経験があると思います。

手や足が冷えると
手足の神経や筋肉の機能が低下します。

手が冷たくてうまく動かないのと同様に、
体全体の冷えも様々な機能低下を引きおこします。

一般的に精神的な疾患と思われている
自律神経失調症で悩んでいる人においても
多くの患者さんは冷え性体質の人が多いようです。

冷え性により、身体機能全般が低下することにより

  • 自律神経失調、
  • 免疫力低下

などの問題も起こりやすくなります。

内臓も冷えれば内臓の働きも悪くなります。
生殖器官の生殖機能も衰えます。

つまり体が冷え性であるということは、
妊娠しにくい体質であるともいえます。

機能性不妊症の解決のためには、
冷え性の改善が大切です。

冷え性の改善のためには、
血液の流れをスムーズにすること。

骨盤周り、股関節周囲の関節のゆがみを整え
血流をよくすること

が効果的であると思われます。

血流が改善した体を作ったら
次の段階で

「体を冷やす習慣」

をやめることと、

「体を温める習慣」

を増やしていくことが大切です。

冷え性対策って実践できるの?

クリニックなどで不妊治療を既に受けていられる方は
日常生活でも自分なりにさまざまな書籍から
不妊克服法の知識はお持ちだと思われます

そのひとつに
冷え性改善・予防に関する知識もお持ちで
実践している方も多いと思います。

ですので、私のHPではその説明はあまりしないこととします。

むしろ、冷え性を治さなきゃ、改善しなきゃ
と思い込み、実行困難な冷え性改善法を実行したりしてないでしょうか?

たとえば、冷え性克服のため
半身入浴や足湯をすすめる本が多いと思いますが
実際にやってみるとこれほど手間がかかり
その割りには効果が実感できず、
継続できないものもないと思います 

半身入浴は体が暖まる前にかぜをひいちゃいそうになります。

当院ではそのような実行困難なことよりも
就寝前に布団の上で骨盤調整を中心とした、
ヨガ的な身体調整法と自立神経調節を目的とした
呼吸法&簡易瞑想法をお勧めしています。

布団の上で行うので、眠くなったらそのまま布団で
寝ていただき、布団に入りながら、呼吸法・瞑想
などを行うことを指導しています。

毎日できて、継続可能なことをするのが一番です。

ヨガでからだが温まるのはなんとなく想像でいるけど
呼吸法や瞑想で冷えが治るの?
と思われる人もいるとおもわれます。
でも、やってみると意外な効果に驚かれることと
おもいます。

簡単、冷え性対策① 防寒

夏の冷房の効きすぎた部屋で長時間過ごしたり
体を冷やすファッションなど、
冷え性になりやすい要素がたくさんあります。

意識的に防寒対策をしましょう。

冬はもちろんのこと、夏も結構冷えやすいのです。

なるべく寒くないような服装をしましょう。

特に下半身や腹部は冷やさないようにすることが大切です。

簡単、冷え性対策② 砂糖の摂取を控える

冷え性の人は甘いもの好きの人が多いようです。

あなたは知ってましたか?

甘いものは体を冷やします。

特に砂糖は冷やします。

なるべく甘いものは控えましょう。

砂糖が心身に与える影響はかなり大きいですが、
一般的にはほとんど知られていません。

マクロビオティックや自然療法

などの分野の知識は一般にはまだまだ浸透していませんが
自然療法の専門家は以前から砂糖の害を訴えています。

最近では医療の分野でも
新しい栄養医学の分野で砂糖の害が知られるようになってきましたが
まだまだ一般には知られていません。

不妊とは話がそれますが、
当院には県外から近くのホテルに泊まり込みで
集中治療コースの患者さんも多数来院されます。

遠方からの患者さんは、
ほとんどの方が近くの病院や治療院で治療を受けても
改善がみられずに来院されます。

そのような方のお話を伺ってみると多くの方が糖分過剰摂取です。
甘いもの(日本酒などのお酒も含む)が大好きなのです。

そういう人は甘いものを控えると体調も改善します。

冷え性の人もできるだけ
砂糖(お菓子、ケーキ、清涼飲料水など)を控えましょう。

冷え性対策 果物の摂取を控える

果物も体を冷やします。特にバナナ、マンゴー、パパイヤなど、南国産のフルーツは出来るだけ控えましょう。陰陽の考えは西洋医学にはありません。しかし陰性の食品は体を冷やします。南国産の作物は陰性が強いのです。

マクロビオティックというと菜食のイメージをもっている方もいるかもしれませんが、あるマクロビオティックスクールの校長先生は、肉食の害よりも砂糖や果物など陰性の食べ物の害のほうがはるかに大きいと言っています。

妊娠後も砂糖や果物をやめると安産になると言われています。
それほどに食べ物の影響は大きいのです。果物など陰性の食品もできるだけ控えましょう。


冷え性対策 適度な運動

適度な運動も大切です。風邪を引いたり怪我をして数日間安静にしているだけで筋力が低下します。筋肉は使わないと衰えます。運動しないと筋肉が衰えます。体熱の多くは筋肉で作り出されます。

筋肉の量を増やし、運動量を増やすことで、血流も良くなり冷え性も改善します。
運動と言うと、つらい、きつい、などのイメージがあるかもしれませんが、体が望んでいる動きは非常に気持ちがよいものです。操体法では身体が必要としている動きや刺激を味わいます。
では自分で家で出来る操体法や各種運動指導を行なっています。


冷え性対策 ストレス解消

ストレスがたまっていると体は冷えやすくなります。交感神経優位になりますから抹消の血管は収縮し、血流は悪くなります。ストレスは妊娠にとっても大敵なのです。

ストレス解消の方法は様々です。あなたにとって心地よく感じられることを意識的に行なったり味わったりしていくことが大切です。毎日の中で、リラックスできる時間を意識的に増やしていくのです。

不妊から妊娠へ 

このページに挙げたのは不妊解決のためのほんの一部の情報です。
基本的には冷え性を解消し体温を上げて、骨盤の周辺を柔軟にし、全身の自律神経機能を高めます。
「息、食、動、想、環境」と総合的に妊娠しやすい体づくり、環境づくりに取り組んでいくことが大切です。

この体操だけやればよし、この食品だけ食べればよし、というものではありません。現代社会はストレスにさらされる頻度も多く、心も体も緊張しています。そのような状態では妊娠しにくいのです。

心と体がリラックスしてよりよい状態になると自然に赤ちゃんが授かる可能性が高まると考えています。

powered by Quick Homepage Maker 4.25
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional