スポーツ整体・三軸操体・整体なら大崎市・仙台市・登米市の腰痛整体ひふみ整体。腰痛・先天性股関節脱臼・坐骨神経痛・頭痛・顎関節症のひふみ整体。

整体は大崎市・仙台市・登米市の繁盛整体院の腰痛専科ひふみ整体へ。整体で腰痛・先天性股関節脱臼・坐骨神経痛は大崎市の仙台ひふみ整体院へ

大崎市・登米市・栗原市の産後・育児中の腰痛・股関節痛・恥骨痛はひふみ整体

産後(育児中)の腰痛・肩コリと整体・骨盤矯正(整体仙台)

a:4668 t:3 y:2

出産後の骨盤の歪みをそのままにしておくと・・

ご出産おめでとうございます。
新しい家族が加わり、これからの生活が楽しみですね^^

喜びの一方で、お母さんの健康に関する問題も浮上してくる場合があります。

それは・・・

出産後の骨盤の問題。

「産後の骨盤のゆがみ」

がその後の育児中の腰痛・股関節痛・背中の痛み・肩の痛みに関連するからです。


産後の骨盤矯正はその後の日常生活を健康に過ごす為に大切です。


女性は出産するときに、赤ちゃんが産道を通りやすくするために
骨盤にある恥骨結合という関節が拡がり骨盤自体が大きく拡がります。


産後に骨盤の歪みをそのままにしておくと、
先に書きましたように腰痛・股関節痛など
様々な「痛み」や「不快症状」が生じやすくなります。

以下は当院に来院される産後の女性の実際のコメントです。

  • 「腰が痛すぎて痛み止めの薬を飲みたいんですが、」
    「授乳中なので飲めないんです・・・、何とかなるでしょうか?」
  • 「産後から腰の痛みがひどくて立ち・座りができないんです。」
  • 「骨盤(腰)の回りが不安定というか・・・」
    「違和感があるというか・・・変なんです。」
  • 「妊娠中から腰が痛くなって、産後は股関節も痛いんです。」
  • 「1人目の産後は我慢できる腰痛でしたが・・・」
    「今回(2人目)はもうどうしようもないくらい痛いんです。」
  • 「腰の痛みも酷いし、背中も伸びないし痛いんです・・・。」
  • 「腰の痛み、背中の痛み、肩の痛み、首の痛み・・・全部いたい(泣)」
  • 「仰向けで寝ると、腰が痛くて横向きでしか寝れないんです。」
  • 「出産後体重が減らないんです。下腹がたるんでるというか・・・。」
  • 「お腹に力が入らないんです。」
  • 「妊娠中からお尻や足のシビレが出てきて、産後も続いてるんです。」

いかがでしょうか?

この他にも細かいことを入れれば多くのコメントが聞かれます。

でも、共通しているのが


妊娠中から産後に掛けて、今までの痛みがひどくなったり、
今まで感じなかった痛みに悩まされるという方がほとんどです。


逆に、妊娠前はあれほど悩まされていた、腰痛や肩コリ、頭痛が産後はウソのよう無くなった。

という方もいらっしゃいます。

産後に骨盤が閉じてくる時に、

「キレイに閉じる」

 か、

「ズレて閉じるか」

の違いで、このような差がでるんですね。


当院の実際の患者さんの声です。クリックしてご覧下さい


産後の骨盤の歪みと内臓の症状

また、身体の「痛み」「違和感」といっしょに内臓に関するこのような症状も現れる方もいらっしゃいます。

  • 便秘症または下痢症
  • 頻尿
  • 胃の圧迫感・吐き気
  • 倦怠感

などの症状と骨盤の歪みが関係しています。

骨盤が歪み腹腔が圧迫されることにより
腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)も妨げられます。
その結果、便秘にもなりやすくなります。

育児の疲れやストレスに耐えられる、身体を作る!!

女性は妊娠・出産により、骨盤の状態が大きく変化します。

骨盤がゆがんだ状態で固まったりすると、
産後に様々な不快症状に悩まされることになります。


さらに、出産後は慣れない育児も加わり、生活のリズムも変わります。


お母さんは赤ちゃんとはほぼ24時間一緒ですから、
カワイイ我が子といえど、なかなか心休まる時間も持てないと思います。

時には赤ちゃんがモンスターに見えるときもあることと思います。

でも、やっぱり、かわいいんですね~。


出産後の骨盤の歪みに加えて、
赤ちゃん中心の育児の疲れやストレスにより、
産後の体調不良をうったえるお母さんは非常に多いです。

特に、

  • 授乳中の姿勢、
  • 寝かしつける時の腰を曲げた姿勢、
  • 添い寝の時の横向き寝、
  • 入浴時の中腰姿勢・・・

数え上げればキリが無いほど
赤ちゃん中心の身体の使い方をしてるんですね。


逆に言えば

「疲れて当たり前」

「育児ストレスにさらされて当然」

「痛みが出てきても仕方ない」


つまり、


「お母さんとして、がんばっている証拠!」

とも言えるとも思います。


でも、骨盤が歪んだ状態だと、
この過酷な育児に耐えられる状態ではないんですね。

まずは、


育児に耐えられる、身体を作る・整える!

ということが大事ではないでしょうか?

お母さんのイライラ・心の余裕の無さは
赤ちゃんにも伝わりますもんね。


骨盤のゆがみからくる、そのイライラや心の余裕の無さ
を自分の責任と感じて、自分を責めると
ますます育児がつらくなってくると思います。


もし、そのツラサが骨盤のゆがみが原因とするものであれば

骨盤を整えることで・・・


からだが楽になり

からだが楽になることにより、

心にも余裕がうまれることと思います。

まずはお母さんのからだを整えてみてはいかがでしょうか?


出産は命をかけた大仕事

出産はお母さんと赤ちゃんの
命をかけた、大仕事です。
(パパは見守るだけ)


その、大仕事の後、すぐに育児に突入しては
お母さんに負担がかかりすぎます。


理想的には痛みが無いお母さんであっても
からだ・骨盤のゆがみを整えて

からだにもこころにも余裕のある状態で
育児に励んでいただきたいと思います。



やはり、パパの理解と協力も必要ですね~^^


「俺が子守してるから、オマエ整体行って来い!」

と言ってくれたら最高ですね。


パパさんもママの整体通いに
協力してあげてくださいね。

平均1~2回、多くて3回で改善します。

産後の腰痛などの痛みで、既に5回以上何らかの治療を受けていらっしゃらないでしょうか?

私から言わせて頂けば、

「それは多すぎ」

です。

本来、正しくアプローチすればその場で症状は改善するし、

平均2~3回の回数でほぼ軽減・改善します。

1回目では症状を軽減、改善し

2回目でほぼ改善し

3回目でほとんど改善した状態で最終調整(クセ付け)と
ご自宅でしていただくホームエクササイズ(骨盤調整)を覚えていただく

というのが最短コースではないでしょうか?

後は個人差が出てくるので4回必要な方、
あるいは、ほとんどいらっしゃいませんが
5回必要な方と違いが出てきます。

「腰・股関節・背中・肩・首・頭痛・・・全部痛い」

「もともと股関節脱臼がある。」

という方はもう少し回数は掛かりますが、

腰が痛い

股関節が痛い

などの

「限局された痛み」」

の方は大抵は1~2回の少ない回数で終了します。


基本的に育児中は
赤ちゃんを預けて来院すること自体大変だと思いますので、
こちらとしても、何とか少ない回数で
改善していただくことを目指しています。

また、預ける方がいらっしゃらない場合でも、
お母さんに抱っこされながら施術することも可能です。


その場合はお気軽にご相談ください。



大崎市ひふみ健康整体院では「症状・病名」に捉われない施術を心掛けています。当院では、初回時に、あなたが抱えているツライ症状や病名をお聞きします。

しかし、当院では

「身体はバラバラで存在するものではなく、 筋肉や関節で相互に連絡しており、ゆえに、全身のゆがみが結果的に肩こりや偏頭痛、慢性腰痛という部分的な自覚症状として現われてくる。」

と考えています。

肩は肩だけ、腰は腰だけという部分的な治療はせず、常に全身の筋肉バランスを考え、身体全体を調整します。

つまり、部分的な症状・病名に捉われず、常に患部と全身のバランスを関連付けて全身のバランスを整えるという事を心掛けています。

全身の筋肉バランスが整う事で結果的に今迄悩み続けていた長年のツライ症状が軽減するようです。

本来、症状別にアドバイスすることは部分的な考えに陥る危険性があるため避けたいのですが、ひふみ健康整体院での症状別・病名別の捉え方、考え方をおおまかにですが述べてみたいと考えています。


powered by Quick Homepage Maker 4.25
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional